カジノ

 2016.07.17

【DK-SIS白書2015・レジャー白書2016】パチンコ業界の売上について考察してみる

先日、DK-SIS白書2015の発刊とレジャー白書2016の概要記者発表会が行われました。

これらの中で、昨年の業界の市場規模やその他のデータが明らかになりましたので、少し考察をしてみたいと思います。

まだまだ世間には、業界の売上規模や消費金額に対する偏見・誤解が存在しているように思われます。

今回の考察では、これらの偏見・誤解を解いて行こうと思っています。

それではまず、最新のDK-SIS白書とレジャー白書の内容から見ていくことにしましょう。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

DK-SIS白書の業界データについて

2015年の業界全体の売上は22.3兆円となっており対前年比-4.8%、パチンコのみに限って言えば売上13.2兆円、対前年比-7.1%なので、パチンコの落ち込みが大きいことが分かります。

粗利に関しては、業界全体で3.32兆円で対前年比-5.1%、パチンコに限定すると2.02兆円、対前年比-7.5%なので、粗利に於いてもパチンコの落ち込みが大きくなっています。

そしてDK-SIS白書の発刊記者会見では、撤去問題によるMAX機比率減少の効果で、2016年のパチンコ粗利の2兆円割れは確実との見解が示されています。

それでは過去5年間の業界データを見てみることにしましょう。

過去5年間のパチンコのみのデータ
売上(兆円) 粗利(兆円) 還元率(%) 粗利率(%)
2011 16.4 2.58 84.3 15.7
2012 15.7 2.4 84.7 15.3
2013 15.0 2.29 84.7 15.3
2014 14.2 2.18 84.6 15.4
2015 13.2 2.02 84.7 15.3

過去5年間の業界全体のデータ
売上(兆円) 粗利(兆円) 還元率(%) 粗利率(%)
2011 24.6 3.82 84.5 15.5
2012 24.8 3.78 84.8 15.2
2013 24.1 3.63 84.9 15.1
2014 23.5 3.5 85.1 14.9
2015 22.3 3.32 85.1 14.9

過去5年間の業界全体のデータを見てみると、売上・粗利ともに減少傾向にあることが分かります。現在、遊技業界が衰退局面にあるというのは、抗いようのない事実であるように思われます。さらに2016年はパチンコ台の撤去問題もあり、さらなる業界の落ち込みが懸念される所でもあります。

そして、過去5年間の業界全体の還元率・粗利率の平均についてですが、それぞれ還元率84.9%、粗利率15.1%となっています。他の公営ギャンブル等と比較しても、相対的に還元率が高いことが分かります。

レジャー白書の業界データについて

レジャー白書によると、2015年のパチンコ参加人口は前年比80万人減の1070万人となった模様。

市場規模は23兆2290億円で、前年から1兆2750億円、率にして5.2%減少しています。(市場規模に関してはDK-SISデータとズレがありますが、実際のホールデータから市場規模を推測しているDK-SISデータの方が信憑性は高いと思われます。)

余暇市場全体の規模は72兆2990億円で前年比1%の減少となっています。

(参考ページ)遊技通信|「レジャー白書2016」参加人口は1070万人 前年比80万人減

各国のカジノ市場の規模を見てみる

さてここで、世界的に見た日本のパチンコ市場規模の大きさを知るために、カジノを合法化している国の中で、いくつかピックアップして売り上げデータを見てみることにしましょう。

各国のカジノ市場のデータ
国名 売上(兆円)
アメリカ 7.0 2014
マカオ 3.5 2015
シンガポール 0.5 2015

ここでのカジノの売上というのは、カジノ業者の取り分であるハウスエッジの累計額のことです。

日本のパチンコで言うと、「貸し玉料金から景品交換の金額を引いた額」の総計ということになります。つまり、お客の側から見れば純粋に負けた金額であり、パチンコホール側から見れば、粗利金額になります。

DK-SISデータでの粗利が、世界基準で見た業界の売上ということになるので、直近の2015年のデータである3.32兆円というのが、日本の業界規模を表す数字として妥当であると言えるでしょう。

パチンコ業界の売上について考察してみる

それでは、業界の売上規模についての偏見や誤解を3つ程、考察により正してみたいと思います。

まず1つ目に、パチンコ業界は20兆円産業であり、世界のギャンブル市場でも突出して大きく、従って日本はギャンブル大国であるという誤解です。

これについては前章の最後でも説明したように、日本の業界規模は正しくは3.32兆円程であり、これは現在のマカオと同レベル、アメリカの半分くらいの規模であるということです。

日本だけが、世界で飛びぬけて大きなギャンブル市場を持つという事実はどこにもありません。

2つ目に、余暇市場の三分の一もの部分が、遊技産業に占められているという誤解です。

前々章で紹介したレジャー白書の余暇市場全体のデータである72兆2990億円に、正しい遊技業界の数字3.32兆円を適用してみると、実は余暇市場全体に占める遊技市場の割合は、6%程度でしかないことが分かります。

3つ目に、遊技者1人あたりの平均年間消費金額が200万円程度もあるという誤解です。

DK-SISのデータによると、還元率は85%くらいなので、実質的な遊技者1人あたりの年間負け金額は30万円程度であり、月間2万5000円程度の負け金額ということになります。

これを大きいと取るか小さいと取るかは人それぞれだと思いますが、少なくとも月間で平均数十万円も負けるという事実はどこにもないことが分かると思います。

要するに、パチンコ市場の規模を大きく錯誤させたり、遊技者の負け金額を過大に表現したりするのは、それらの情報発信者の意図的な狙いがあるということです。

パチンコ業界の精確なデータの把握の仕方は、本コラムで述べた通りです。是非、偏見や誤解の無いように正しい目でパチンコ業界の現状というのを見て欲しいものです。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
全日遊連店舗数1万店舗割れ。パチンコ業界売上高減少率はマイナス10%以上を継続。
全日遊連組合加盟店舗数が、昨年11月末時点において初めて1万軒を割り込み話題になりました。2017年はまだスタートしたばかりですが、ここで改めて昨年2016年の...
パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?
まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なもの...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?
パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題...
パチンコの回転率について本当のことを教えます!!
さて今回は、パチンコにおける回転率について、その本質に迫ってみようと思います。回転率とは、御存知のとおり、1000円あたりのデジタル回転数のことで、所謂パチンコ...
【パチンコ撤去問題】沖海3は稼働停止も含め全撤去完了。パチンコ最終撤去リストの設置台数も発表される。
「パチンコ撤去リスト」の8月末期限から半月余り経過しました。撤去対象機種である沖海3ですが、ようやく全ての撤去が完了した模様です。しかしつい最近まで、関東の某店...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
【初心者】パチンコの勝ち方で非常に重要な3つのステップとは?
パチンコで勝つ方法を実践する時、基本的にはたった3つのステップを実行するだけです。 パチンコで勝つ方法は、ボーダー理論もしくはボーダーライン理論と呼ばれています...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
8月末期限のパチンコ撤去リスト(1次・2次)と12月末期限のパチンコ最終撤去リスト(3次)の現在の撤去状況について
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が過ぎているにも係らず、まだ若干のパチンコ店が撤去対象機種の撤去を完遂出来ていない模様です。これから先についてはまだ...