カジノ

 2016.12.24

マイナンバーカード?パチンコ業界に今後導入されるギャンブル依存症対策について

カジノ法案によって、世間的にクローズアップされるようになったギャンブル依存症問題。

この問題に関する政治的な動きが、ここのところ急展開で進んできています。

今回のコラムでは、パチンコ業界に今後導入されるギャンブル依存症対策について、少し考察してみることにします。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

パチンコ業界のギャンブル依存症対策として、マイナンバーカードが使われるとネット上で話題

なにやらパチンコ業界のギャンブル依存症対策として、マイナンバーカードが使われるとネット上で話題になっているらしい。

マイナンバーカードによって、入場回数や投資金額を制限できるシステムを導入するそうだ。

その根拠となっているのが、以下に示す記事や真偽不明のツィートによるもの。

(参考ページ)カジノに入場規制、与党検討 マイナンバー使う|日本経済新聞
(参考ページ)“まずはパチンコ依存症対策”|NHK NEWS WEB
(参考ページ)ギャンブル依存症対策の閣僚会議、競馬・パチンコも対象|朝日新聞

しかし、現時点でギャンブル依存症対策にマイナンバーカードの使用を検討されているのは、カジノにおいてのこと。

さらに、真偽不明のツィートに関しては裏すら取れていない。

このような情報が拡散されるのを見るにつれ、如何に世間に嫌パチ派が多いかを窺い知ることが出来ます。(もしくは意図的にアクセス増を狙ってのものかもしれません)

当サイトの見解としては、前回のコラム(【IR推進法案】カジノ法案が成立。カジノ合法化がパチンコ業界に及ぼす影響とは?)でも触れた様に、パチンコ業界に対し、マイナンバー等を使用するような強い制限力を持った依存対策が行われる可能性は、そこまで高くないのではないかというもの。

こう考える理由は、以下の3点にあります。

  1. そもそも、「ギャンブル依存症者536万人、成人の4.8%」という数字が、とても現状を精確に表しているように見えない。
  2. 曲りなりにも、パチンコ・パチスロは遊技とされ、射幸性の制限を設けられているのであって、他の賭博と同一の規制適用が適切かどうかは議論の余地がある。
  3. この規制が業界に与える影響というものが、全く未知数であるということ。

特に1番目については、現在厚労省で実施されている、より精確な調査結果において、この数値より遥かに低いものが発表される可能性があり、反カジノ派の拠りどころとなっている前提が崩れるのではないかと思っています。

しかし、既にギャンブル依存症対策は、政府主導でも動いている案件なので、今後どのような施策が講じられても不思議ではないということを付け加えておきます。

直近では、関係各省庁の大臣が集まって、ギャンブル依存症対策の関係閣僚会議が26日に開かれる予定で、この中で何らかの話題が出てくる可能性があるのではないかと思っています。

(参考ページ)ギャンブル依存症対策の閣僚会議、競馬・パチンコも対象|朝日新聞

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

「パチンコ業界におけるギャンブル依存症対策」と「日本維新の会のギャンブル等依存症対策基本法案」について
今年に入り、パチンコ業界で様々なギャンブル依存症対策に対する動きが起きて来ています。そして、国会においては、2月9日に日本維新の会が他党に先駆けて「ギャンブル等...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?
パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
全日遊連店舗数1万店舗割れ。パチンコ業界売上高減少率はマイナス10%以上を継続。
全日遊連組合加盟店舗数が、昨年11月末時点において初めて1万軒を割り込み話題になりました。2017年はまだスタートしたばかりですが、ここで改めて昨年2016年の...
【ギャンブル依存症】パチンコにおける射幸性の正体とは?
近年、ギャンブル依存症問題などへの関心の高まりなどで、パチンコの射幸性についてクローズアップされる場面が増えてきています。パチンコの撤去問題に於いても、元はとい...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リストの6月期限が迫る。全撤去リストの内容は一体どうなるのか?
警察は既に、先月5月30日に日工組、全日遊連、日遊協に対し撤去・回収リストの6月中の提出と、対象となる機種の年内撤去を要請しています。リストの発表日については、...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【パチンコ撤去回収リスト】一般入賞口に関する最新調査結果が公表されました
さて、つい先日「遊技産業健全化推進機構の遊技機性能調査」の調査結果が公表されましたね。調査結果が公表されたのは、半年ぶりくらいでしょうか。やはりというか、新基準...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
もうすぐパチンコ撤去リスト(1次・2次)の最終調査結果が日工組より発表される模様
かねてより行われていた、日工組及び全商協による8月末期限回収対象機種の撤去状況の調査。この撤去状況の最終調査結果が、早ければ22日に発表される模様です。これをも...
8月末期限のパチンコ撤去リスト(1次・2次)と12月末期限のパチンコ最終撤去リスト(3次)の現在の撤去状況について
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が過ぎているにも係らず、まだ若干のパチンコ店が撤去対象機種の撤去を完遂出来ていない模様です。これから先についてはまだ...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...