カジノ

 2016.01.06

パチンコの回転率について本当のことを教えます!!

さて今回は、パチンコにおける回転率について、その本質に迫ってみようと思います。

回転率とは、御存知のとおり、1000円あたりのデジタル回転数のことで、所謂パチンコ用語の一つです。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

まずは回転率の公式を理解しよう!

これから紹介する、「回転率の公式」にも深く関わってくることに、一般入賞口というものがあります。

一般入賞口とは、ヘソ入賞口以外のその他の入賞口のこと。

そして今、これに関する問題がパチンコ業界を大きく揺らしているのです。

よって、先ずはこの問題に少し触れておくことにしましょう。

最近の一般入賞口における釘調整問題について

パチンコを普段打っている人なら分かると思いますが、ヘソ以外のその他の入賞口に玉が入ることはめったにありませんよね。

「なんでこんな役立たずなものが付いてるんだ?」って思っていませんでしたか?

パチンコメーカーは新台をリリースする前に、保通協という所で検査を受けます。

これにパスしないとメーカーにパチンコ台の設置許可が下りないのですが、実はこの時に、一般入賞口が活躍していたのです。

普段、私達が打っているパチンコ台は、大当たり時に出玉が片寄っています。通常時にはどんどん持ち玉が吸い込まれて行き、大当たりで連チャンして、ドカンと玉が増えるような感じですよね。

みんなこれが当たり前だと思っていたのですが、実は間違っていたんです。

通常時でも一般入賞口にもっと入賞し、玉持ち良く遊技できるというのが本来の正しい姿だったのです。

つまりパチンコメーカーは、保通協検査時に一般賞球口の釘を開けヘソ釘を締めて、「『通常時の戻り玉数』と『大当たり出玉数』の比率」を操作し検定を通過させ、ホール納品時にその逆の調整をしていたのです。

ちなみに、この「『通常時の戻り玉数』と『大当たり出玉数』の比率」については、公安委員会規則で以下のような規定があります。

遊技球の試射試験を10時間行つた場合において、獲得する遊技球の数のうち役物の作動によるものの割合が7割(役物が連続して作動する場合における当該役物の作動によるものの割合にあつては、6割)を超えるものでないこと。

検定時の状態ではヘソ入賞が極端に少なく、とても営業に耐えうるものではないので、ホール導入時に改めてヘソ釘を開け一般入賞口を締めているのです。

実は、長年に渡って警察はこのことを知りつつも、黙認してきたのでした。ところが、最近、急にこの問題に厳しく言及し始めたんです。

どういうことかというと、要するに警察は、検定時と同じ状態でパチンコ台を出荷し営業しなさいと言ってきているのです。

この背景には、カジノ合法化の動きや、ギャンブル依存症の問題などがあるのではないかと思われます。

警察は、現在ホールにあるような高射幸性のパチンコ台ではなく、大当たり出玉だけに頼らない低射幸性のパチンコ台を目指したいのでしょう。

これから出てくるパチンコ台は、新基準に合わせた、今までにないような高ベースのものになっていくものと思われます。

2016年はパチンコ業界にとって、非常に大きな変革の年になるのではないでしょうか。

回転率の公式とは?

さて、話を回転率の式の方に戻しましょう。

パチンコ玉は1個4円で貸し出され、1000円で250個分の遊技を行うことができます。ここで仮に、あなたが「1000円あたりデジタルが20回転するパチンコ台」を打っているとします。

このパチンコ台の要件としては、ヘソ入賞時の戻り玉個数は3個で、その他の賞球口は完全に潰されているものとします。

この時、このパチンコ台のヘソ入賞確率はどのようになるか?
以下具体的な計算をしてみることにしましょう。

先ずは、この場合ヘソ入賞からの戻り玉数は60個。最初に持っていた250個と合わせて、全部で310個の玉を消費しているのが分かります。

よって、310個の玉を打ち込んでヘソに入る玉が20個ということ。これを確率に直すと、20/310、つまり1/15.5。

15.5個につき1個の玉が、ヘソに入賞していることになります。

これを一般化したものが、以下の式となります。

回転率からヘソ入賞確率を求める式

(参考)パチンコ用語

この式を元にした「回転率とヘソ入賞確率」の関係表が以下になります。(主要数値のみ)

回転率 ⇒ ヘソ入賞確率 早見表
回転率 ヘソ入賞確率
10 1/28
11 1/25.7
12 1/23.8
13 1/22.2
14 1/20.9
15 1/19.7
16 1/18.6
17 1/17.7
18 1/16.9
19 1/16.2
20 1/15.5
21 1/14.9
22 1/14.4
23 1/13.9
24 1/13.4
25 1/13
26 1/12.6
27 1/12.3
28 1/11.9
29 1/11.6
30 1/11.3
31 1/11.1
32 1/10.8
33 1/10.6
34 1/10.4
35 1/10.1
36 1/9.9
37 1/9.8
38 1/9.6
39 1/9.4
40 1/9.3
41 1/9.1
42 1/9
43 1/8.8
44 1/8.7
45 1/8.6
46 1/8.4
47 1/8.3
48 1/8.2
49 1/8.1
50 1/8

再びEに戻ってみましょう。

この式を、回転率 x について解いてみます。以下が、その式となります。

ヘソ入賞確率から回転率を求める式

(参考)パチンコ用語

この式を元にした「ヘソ入賞確率と回転率」の関係表が以下になります。(主要数値のみ)

ヘソ入賞確率 ⇒ 回転率 早見表
ヘソ入賞確率 回転率
1/4 250
1/5 125
1/6 83.3
1/7 62.5
1/8 50
1/9 41.7
1/10 35.7
1/11 31.3
1/12 27.8
1/13 25
1/14 22.7
1/15 20.8
1/16 19.2
1/17 17.9
1/18 16.7
1/19 15.6
1/20 14.7
1/21 13.9
1/22 13.2
1/23 12.5
1/24 11.9
1/25 11.4
1/26 10.9
1/27 10.4
1/28 10.0

ここで紹介した二つの式は、公式と呼べるほど大げさなものではないかもしれませんが、パチンコに関する数値計算に於いて、非常に重要な式であるので、敢えて公式と呼ばせて頂きました。

回転率の公式に関する注意点

前項の考察は、一般入賞口が潰されているという仮定で行われています。

しかし、これから出てくるであろう新機種に於いては、この仮定が通じないものと思われます。

つまり、どうしても一般入賞口からの戻り玉数を考慮に入れなければならなくなるのです。

一般入賞口からの戻り玉数を考慮した回転率の公式については、今後のコラムにて取り扱う予定でいます。

さてここではもう一つ、重要なテーマをお話ししておかなければなりません。

ヘソ入賞確率とは何か?

前章では、ヘソ入賞確率と回転率の関係について考察しました。

ここで、改めてヘソ入賞確率の本質に迫ってみようと思います。

パチンコ玉の流れを確率的に考える

前回のコラムで、「パチンコ台に於いては、玉の動きは『力学的』に考察しなければいけないが、玉の流れに関しては『確率的』に考えなければならない」と述べました。

パチンコ盤面に打たれた釘のゲージ配列は、基本的に「釘で出来た小さな三角形」の集合体となっています。

その一つの三角形から、パチンコ玉が流れてく量は、確率的に求めることができるようになっています。

よって、三角形の集合である「釘ゲージ全体の玉の流れの確率」は、それぞれの「三角形の確率の掛け算と足し算の組み合わせ」で求めることができます。

以上が、玉の流れを確率的に考える際に基本となる考え方。

実際には、パチンコ台盤面のゲージ全体をいくつかのパーツに分けて、この考え方を適用していくことになります。

ワープが付いていないパチンコ機種の「ヘソ入賞確率」

先ずは、簡単のため、ワープが付いていないパチンコ機種を考察してみましょう。

このパチンコ台のゲージを、次の三つのパーツに分けてみます。

  • 肩のバラ釘部分
  • 寄り部分
  • 寄り部分からヘソ

上の三つの部分は、一度、玉が外に逃げると、絶対にヘソ入賞に係らなくなるという非常に重要な振り分けポイント。

この時、このパチンコ台の「ヘソ入賞確率」は以下の式で表されます。

(ヘソ入賞確率) = (肩のバラ釘部分の振り分け率)×(寄り部分の振り分け率)×(寄り部分からヘソへの入賞確率)

ヘソ入賞確率は、三つの部分それぞれの確率の掛け算で求めることができます。

ワープが付いているパチンコ機種の「ヘソ入賞確率」

次に、一般的なワープが付いているパチンコ台について考察してみます。

この場合、ヘソ入賞に係るルートが二つ存在。即ちそれは、ワープ経由のルートと通常経由のルート。

そして、全体の「ヘソ入賞確率」は、これらの足し算になることが分かります。式で表すと、以下のようになります。

(ヘソ入賞確率) = (ワープ通過率)×(ワープからヘソへの入賞確率)+(ワープ非通過率)×(肩のバラ釘部分の振り分け率)×(寄り部分の振り分け率)×(寄り部分からヘソへの入賞確率)

ヘソ入賞確率を求めるときに重要なこと

「ワープが付いているパチンコ台」のように、ヘソ入賞経路が二つあるパチンコ台の「ヘソ入賞確率」を求める際、確率の足し算を用いました。

実を言うと、これには確率論に於ける『全確率の定理』というものを適用しています。

つまりパチンコ盤面上の釘配列のゲージに於いて、ヘソ入賞経路が例えいくつあろうとも、この『全確率の定理』によって、それぞれのルートからの入賞率の足し算の総計が、全体のヘソ入賞確率となるのが分かります。

まとめ

パチンコ台の回転率は、「ヘソ入賞確率」によって決定付けられます。そして、その「ヘソ入賞確率」を求めるのに『玉の流れを確率的に捉える』ことの重要性に触れました。最終的に、確率を求める際には、『全確率の定理』が決定的に重要であることについても書かせて頂きました。

以上のことは、『一般入賞口が完全に潰されている』ことを前提としたお話です。つまり「ヘソ入賞確率」の計算に、一般入賞口からの戻り玉数のことが考慮されていません。理論としては未だ不完全なものであると言えます。

今後のコラムでは、この辺りのことを網羅したお話をして行くつもりでいます。

確率の説明の途中で、若干、抽象的で分かり辛い面もあったかもしれませんが、お付き合い下さりありがとうございました。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

回転率の公式をバージョンアップしてみよう!
以前、当サイトで紹介した「回転率の公式」というのを覚えているでしょうか?『パチンコの回転率について本当のことを教えます!!』のコラムの中に出てきましたね。実をい...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
全日遊連店舗数1万店舗割れ。パチンコ業界売上高減少率はマイナス10%以上を継続。
全日遊連組合加盟店舗数が、昨年11月末時点において初めて1万軒を割り込み話題になりました。2017年はまだスタートしたばかりですが、ここで改めて昨年2016年の...
パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?
まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なもの...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?
パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題...
【パチンコ撤去問題】沖海3は稼働停止も含め全撤去完了。パチンコ最終撤去リストの設置台数も発表される。
「パチンコ撤去リスト」の8月末期限から半月余り経過しました。撤去対象機種である沖海3ですが、ようやく全ての撤去が完了した模様です。しかしつい最近まで、関東の某店...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
【初心者】パチンコの勝ち方で非常に重要な3つのステップとは?
パチンコで勝つ方法を実践する時、基本的にはたった3つのステップを実行するだけです。 パチンコで勝つ方法は、ボーダー理論もしくはボーダーライン理論と呼ばれています...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
8月末期限のパチンコ撤去リスト(1次・2次)と12月末期限のパチンコ最終撤去リスト(3次)の現在の撤去状況について
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が過ぎているにも係らず、まだ若干のパチンコ店が撤去対象機種の撤去を完遂出来ていない模様です。これから先についてはまだ...