カジノ

 2017.01.23

【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】

少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。

ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されているものでもあります。

今回のコラムでは、コンピュータシミュレーションによって、パチンコにおける「ツキ」の存在と周期などを探ってみることにします。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

ギャンブルにおける「ツキ」について考える

所謂、「ツイている」というのは「良い運が続いている」状態で、「ツイていない」というのは「悪い運が続いている」状態を指しています。

ギャンブルをやっていると、日常的にこの「ツキ」の不思議な体験を味わうことになります。

例えば麻雀をやる方なら、薄い待ち牌をバンバン引き、なんでも和了れる時もあれば、一向に待ち牌が来ず聴牌にすら持っていけない状態が続く、といったことはよく経験するのではないでしょうか。

少し簡単な例を取り上げてみることにしましょう。

カジノでルーレットをやるとします。

」の目が出るか「」の目が出るかは半々の確率。

このルーレットの出目を10回記録してみることにします。

その場合、次の内どちらのパターンが起こりやすいと思いますか?

答えは、2のパターンの方。

要するに、交互に「」と「」が出る「1の例」よりも、ある程度連続して、同じ色の出目の現れる「2の例」の場面を目にすることの方が多いということ。

これは、確率半々の出来事が連続的に発生する事柄全般において、当て嵌まることになります。

さらに少し考え方を拡張して、確率が半々ではなく傾斜を持たせて、「40%と60%」などや「25%と75%」とした場合にも、同様の現象が発生することが分かります。

先の麻雀の例でいいますと、卓を囲む4人の実力が同じ程度の場合、ある人物の「和了れる率」は「25%」となり、4回に1回くらいしか和了れないはずなのに、実際の現場では驚くほど連荘が続く場面があるということ。

気持ちよく連荘している本人からすると、今日は「ツイてるなあ」と感じることになるのではないでしょうか。

以上の考え方は、当然、他のギャンブルにも応用することができ、パチンコもその例外ではありません。

それでは、次章からパチンコにおける「ツキ」の考察に入っていくことにしましょう。

「平均的なパチンコユーザー」が経験する「ツキ」とはどのようなものか?

パチンコユーザーは様々ですが、その中で「平均的なパチンコユーザー」を定義してみることにします。

日遊協からファンアンケート調査という資料が発表されており、パチンコユーザーの実態調査の結果が記載されているので、これを参考に「平均的なパチンコユーザー」像を推測してみます。

(参考)日遊協ファンアンケート調査

パチンコの場合、1日の遊技時間については平均4.3時間程度とされ、1ヶ月の遊技回数については、9回以上が41%を占めるという結果になっています。

これらを踏まえ、若干、切りの良い数字を用いて、「平均的なパチンコユーザー」の行動実態の定義を

  • 1日の遊技時間4時間
  • 1年間の遊技回数100回(1ヶ月の遊技回数8回程度)
というふうに設定してみることにします。

このユーザーが1年間を通して、理論上、収支が±0円となるボーダーライン上の台を打ち続けたとしましょう。(実際のユーザーは収支マイナスとなる台を打っていると考えられるが、ここでは「ツキ」に関する考察を行い易くするために、ボーダーライン稼働を行うことと仮定)

すると、このユーザーの収支曲線は、平均的に以下のグラフのようになるのではないかと思われます。

収支曲線

もちろん、個々の収支はこのように綺麗に波打つ訳ではありませんが、平均的なイメージとしてみると、概ねこのような「収支曲線」を描くことになります。

この「収支曲線」の特徴と性質を挙げてみることにしましょう。

  • 時間の経過と伴に、収支ゼロから拡散していく。
  • 時間の経過と伴に、収支ゼロに戻る回数が少なくなり、その間隔が長くなる。

この辺りのことについては「逆正弦定理」も関係しており、以前のコラム「パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?」で少し触れているので、そちらを参考にしてみて下さい。

さて、「収支曲線」の方に戻ってみましょう。

この曲線において、A→B→Cという過程をユーザーが辿る時に、A→Bの過程では強い収支上昇を経験し、B→Cの過程では激しい収支の下降に出くわすことになります。

つまり、A→Bの過程においては「ツイている」状態を経験し、B→Cの過程においては「ツイていない」状態を経験するということ。

そして、稼働日数が増えていくにつれ、A→BとB→Cのように「ツキのうねり」が大きくなっていくということも一つ付け加えておくことにします。

それでは、次の章で実際に「沖海4」を例に取り、コンピューターシミュレーションを実行してみることにしましょう。

パチンコにおける「ツキ」の周期について

「『ツキ』に周期があるなんて信じられない」と思われるかもしれませんが、平均的にみると、その存在をシミュレーションの結果から確認することが出来ます。

シミュレーションの前提条件を以下のように設定します。

  • 「沖海4」においてボーダーラインの台(回転率19.4)を1年間稼働させる
  • 1日の遊技時間4時間
  • 1年間の遊技回数100回(1ヶ月の遊技回数8回程度)

これは要するに、前章でも述べた「平均的なパチンコユーザー」が、「沖海4」を1年間ボーダーライン稼働した時のことをシミュレートしていることになります。

「沖海4」のボーダーラインである「回転率19.4」については、以前のコラム「新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる」を参照。

それでは、シミュレートの結果として、「収支ゼロに戻る回数」をグラフ化したものを以下に示してみることにしましょう。

収支ゼロに戻る回数のグラフ

遊技回数が増えるにつれて、「収支ゼロに戻る回数」の伸びが鈍化してしていく様子を確認することが出来ます。

そして、「平均的なパチンコユーザー」が、「沖海4」を1年間ボーダーライン稼働した時に、「収支ゼロに戻る回数」は平均「5.7回」であることが分かりました。

これはつまり、前章の「収支曲線」において、「A→B」もしくは「B→C」という「収支ゼロを横切る」ような「ツキのうねり」が、1年間で平均「5.7回」程度発生することを意味しています。

続いて、「ツキの周期」を見てみることにしましょう。

ツキの周期

「ツキの周期」というのは、「ツキのうねり」が発生する日数のことになります。

前章の「収支曲線」で説明すると、「A→B」が発生する日数、もしくは「B→C」が発生する日数ということ。

「ツキの周期」は、遊技回数が増えるにつれて長くなっており、これが即ち「ツキのうねり」の大きさに繋がっているのです。

そして、「平均的なパチンコユーザー」が、「沖海4」を1年間ボーダーライン稼働した時点での「ツキの周期」は、平均「31日間」であることが判明しました。

「31日間」というと、月換算で約三か月半になります。

こうしてみると、パチンコというギャンブルは、結構長い期間「ツキ」というものを体験するのだなあということが分かりますね。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?
まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なもの...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
パチンコ台の釘読みをする時に重要な4つのヒント!
パチンコ台の釘読みをするときに重要な考え方には、主に4つのものがあるように思われます。実際のホールでパチンコを打つ時には、これらの4つのポイントをおさえつつ釘読...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
【初心者】パチンコの勝ち方で非常に重要な3つのステップとは?
パチンコで勝つ方法を実践する時、基本的にはたった3つのステップを実行するだけです。 パチンコで勝つ方法は、ボーダー理論もしくはボーダーライン理論と呼ばれています...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
パチンコの回転率について本当のことを教えます!!
さて今回は、パチンコにおける回転率について、その本質に迫ってみようと思います。回転率とは、御存知のとおり、1000円あたりのデジタル回転数のことで、所謂パチンコ...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?
パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題...
【2017年】パチンコ業界に対する今回の規則改正案の内容について考察してみよう【ギャンブル依存症対策】
このところ規制続きのパチンコ業界において、さらに追い打ちをかけるように新たな規制が加わろうとしている。2018年2月1日より施行される予定の「風営適正化法施行規...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
【不正改造パチンコ台】パチンコ最終(第3次)撤去リストについて考察してみよう
先日、YAHOOニュースのトップ記事でも大々的に取り挙げられた不正改造パチンコ台の問題ですが、既に6月23日にパチンコ最終(第3次)撤去リストの方は公表されてい...