カジノ

 2017.01.05

規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?

少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。

2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

撤去問題は結局どうなるのか?

まず最初に挙げるとするならば、昨年末が最終期限だった撤去問題のことになるのではないでしょうか。

現時点(1月5日)においても、まだ最終撤去リスト記載の対象機種の設置されている店舗が多少存在しているようです。

(参考ページ)12月末期限のパチンコ最終撤去リスト(3次)の現在の撤去状況について

最大の懸案事項であったCR牙狼魔戒ノ花の撤去・回収の方も年末に向けて急速に進み、最悪の事態は避けられたように思えます。

しかしながら、最終期限を守らなかった店舗は存在する訳で、そのような事態に対し「取り締まり行政側」は本当に動いてくるのでしょうか?

当サイトでは度々このことについて触れており、店舗を行政処分する場合、同時にメーカーを行政処分することにも繋がるのではないかという見解に達していました。

(参考ページ)12月末撤去期限における業界団体のペナルティと警察庁の方針

「取り締まり行政側」は、講話等において行政処分を示唆していますが、厳密にこれを実行するとなると、その社会的影響は計り知れないものとなるでしょう。

パチンコ店舗のみならず、パチンコメーカーが複数倒産に追い込まれてしまうのですから。

今回そのような大鉈を振るうことがあるのかと問われれば、その可能性は低いといわざるを得ません。

一方、業界団体側の未撤去店に対するペナルティにしても同様で、おそらく8月末の撤去期限における対応と同じような感じになるのではないでしょうか。

つまり、実際のペナルティの発動までには至らないのではないかということ。

とはいっても、何が起こるのかは分からないので、暫くの間はこの問題を注視していく必要があるように思います。

ギャンブル依存症対策について

昨年の年末に成立したカジノ法案によって、ギャンブル依存症問題が大きくクローズアップされることになりました。

今年、ギャンブル依存症問題はパチンコ業界にとって中心的課題の一つになっていくものと思われます。

1月20日に召集される通常国会において、ギャンブル依存症対策の基本法案が提出される予定になっています。

この法案は、ギャンブル関連全般を網羅する包括的な内容となり、当然パチンコ業界もその規制の対象となります。

さらに、厚生労働省においては今年度から依存症に対して、

  • 依存症関連予算を1.1億円から5.3億円へ増額
  • 依存症の専門医療機関を現在の5ヶ所から全国67ヶ所へと拡充
  • 民間団体・回復施設への支援
などの取り組みを行う方針を示しております。

厚生労働省における依存症対策

そしてもう一つ重要なのは、厚生労働省が国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」に委託しているギャンブル依存症患者の実態を把握する調査の結果の公表が、2016年度中に行われるということ。(都市部の成人のみ対象、全国を対象としたものは5月頃になる見込み)

おそらく3月頃になると思われるのですが、これでギャンブル依存症患者の現況を掴めるようになるはずです。

厚生労働省の前回のギャンブル依存症調査に対しては、色々と問題点も指摘されており、「ギャンブル依存症の疑いがある人の数、536万人、成人の4.8%」という言葉がひとり歩きしているという現状で、今回の調査によって修正がかかる可能性があります。

いずれにせよ、通常国会が始まる今月から会期末の6月あたりまでに、ギャンブル依存症対策関連の様々な話題が飛び出してくるものと思われ、その動向には目が離せません。

パチンコ業界における規則改正の可能性

前章で触れた「ギャンブル依存症対策の基本法案」にも関係していますが、パチンコ関連の出玉規制が盛り込まれる可能性があります。

(参考ページ)ギャンブル依存対策法案提出へ パチンコ出玉制限も検討|朝日新聞

あくまで当サイトの予想ですが、これに伴い出玉関連の規則改正が行われるのではないかと思っています。

もしそうなれば、昨年の内規変更、「大当り確率下限1/320、確変継続率65%以下」に引き続く規制になります。

パチンコ業界のこれまでの歴史は、ご存じの通り、「規制強化→規制緩和→規制強化→規制緩和」のサイクルを繰り返してきたもの。

しかしながら、今回ばかりは「カジノ法案成立による様々な外的影響」によって、暫くは「パチンコ業界の規制緩和」を期待できない状況となってしまいました。

昨年の業界売上高急減に引き続き、今年もMAX機撤去の影響を含め業界にとっては厳しい道のりが待っているのかもしれません。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

【2017年】パチンコ業界に対する今回の規則改正案の内容について考察してみよう【ギャンブル依存症対策】
このところ規制続きのパチンコ業界において、さらに追い打ちをかけるように新たな規制が加わろうとしている。2018年2月1日より施行される予定の「風営適正化法施行規...
全日遊連店舗数1万店舗割れ。パチンコ業界売上高減少率はマイナス10%以上を継続。
全日遊連組合加盟店舗数が、昨年11月末時点において初めて1万軒を割り込み話題になりました。2017年はまだスタートしたばかりですが、ここで改めて昨年2016年の...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?
まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なもの...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
パチンコの回転率について本当のことを教えます!!
さて今回は、パチンコにおける回転率について、その本質に迫ってみようと思います。回転率とは、御存知のとおり、1000円あたりのデジタル回転数のことで、所謂パチンコ...
パチンコ台の釘読みをする時に重要な4つのヒント!
パチンコ台の釘読みをするときに重要な考え方には、主に4つのものがあるように思われます。実際のホールでパチンコを打つ時には、これらの4つのポイントをおさえつつ釘読...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?
パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題...
【不正改造パチンコ台】パチンコ最終(第3次)撤去リストについて考察してみよう
先日、YAHOOニュースのトップ記事でも大々的に取り挙げられた不正改造パチンコ台の問題ですが、既に6月23日にパチンコ最終(第3次)撤去リストの方は公表されてい...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...