カジノ

 2016.09.15

【パチンコ撤去問題】沖海3は稼働停止も含め全撤去完了。パチンコ最終撤去リストの設置台数も発表される。

「パチンコ撤去リスト」の8月末期限から半月余り経過しました。

撤去対象機種である沖海3ですが、ようやく全ての撤去が完了した模様です。

しかしつい最近まで、関東の某店では沖海3が稼働し続けていたようです。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

撤去期限後も稼働し続けていた沖海3がついに稼働停止する

パチンコ撤去リスト(1次・2次)の撤去期限は8月末日だった訳ですが、関東の某店では対象機種の沖海3を稼働させ続けていました。

その台数なんと72台。さらに系列店のもう一つのお店でも、28台の沖海3が稼働していたようです。

ところが、3日前の9月12日(月)に電源が落とされた状態となり、貼り紙と共に稼働停止。

当然、パチンコ店側は期限までに撤去出来なかった場合のペナルティについて把握していたでしょうし、なぜこのタイミングで稼働停止に至ったのかという疑問が残ります。

(参考)8月末までの撤去期限を守らなかったパチンコホールに対し重大なペナルティが課される可能性

この店での出来事は、一部ネットでは話題になっていたのですが、組合側からのペナルティの有無についての詳細は未だ分かっていません。

撤去猶予期間として、「お目こぼしをもらった」のか、「既にペナルティが課されている」のか、組合側の今後の撤去問題に対する姿勢を占う上で試金石となるのではないでしょうか。

しかしながら、「CRルパン」など、その他の撤去対象機種も未だホールに設置されている訳で、全日遊連側の何らかの発表が待たれるところです。

(参考)現在の設置店舗数(推定値)

この時点で、もし揉めることがあるならば、10万台超のCR牙狼魔界を筆頭に、今だにホールで多数現役稼働している機種を抱える「パチンコ最終撤去リスト」の年末期限には、もっと紛糾するかもしれません。

そんな中で、最近、9月7日時点での「パチンコ最終撤去リスト」対象機種の「残存設置台数」が発表されています。

9月7日時点での「パチンコ最終撤去リスト」対象機種の「残存設置台数」は一体どれくらいなのか?

9月7日時点での「パチンコ最終撤去リスト」対象機種の「残存設置台数」が発表されています。

(参考ページ)撤去リスト掲載機種の残存状況を集計 ~残りは約35万台|パチンコ・パチスロ情報島

CR牙狼魔界を含め、約35万台がホールに設置されていることが分かります。

今回の沖縄3の撤去の例を見ても分かる様に、CR牙狼魔界などの人気の機種は、年末ギリギリまで稼働し続ける可能性があります。

(参考)沖海3の全国設置店舗数(推定値)

設置台数の多さから、今後の撤去スケジュールを着実に実行していけるかどうかにも注目といったところ。

当サイトでも、設置台数の多い機種の撤去状況を随時更新して行く予定です。

(参考)8月末期限のパチンコ撤去リストと12月末期限のパチンコ最終撤去リストの現在の撤去状況について

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【不正改造パチンコ台】パチンコ最終(第3次)撤去リストについて考察してみよう
先日、YAHOOニュースのトップ記事でも大々的に取り挙げられた不正改造パチンコ台の問題ですが、既に6月23日にパチンコ最終(第3次)撤去リストの方は公表されてい...
もうすぐパチンコ撤去リスト(1次・2次)の最終調査結果が日工組より発表される模様
かねてより行われていた、日工組及び全商協による8月末期限回収対象機種の撤去状況の調査。この撤去状況の最終調査結果が、早ければ22日に発表される模様です。これをも...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【撤去問題】12月末撤去期限における業界団体のペナルティと警察庁の方針【パチンコ最終(3次)撤去リスト】
11月も下旬に差し掛かり、パチンコ最終撤去リストの12月末最終期限まで、1ヶ月と少しを残すところとなりました。そこで今回のコラムでは、撤去問題の直近の動向や業界...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
8月末期限のパチンコ撤去リスト(1次・2次)と12月末期限のパチンコ最終撤去リスト(3次)の現在の撤去状況について
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が過ぎているにも係らず、まだ若干のパチンコ店が撤去対象機種の撤去を完遂出来ていない模様です。これから先についてはまだ...
パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リストの6月期限が迫る。全撤去リストの内容は一体どうなるのか?
警察は既に、先月5月30日に日工組、全日遊連、日遊協に対し撤去・回収リストの6月中の提出と、対象となる機種の年内撤去を要請しています。リストの発表日については、...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が直前に迫る!!
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限まであと4日余りとなりました。そんな中、撤去リスト記載のパチンコ台が、現段階で一体どのくらい設置されているのか調べて...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
【遊技機性能調査】パチンコ撤去問題の直近の動きについて。一般入賞口の調査が再開される模様。
72万台にも及ぶ撤去回収を伴った「パチンコ撤去問題」が起きたのは昨年、2016年のこと。2016年末の最終撤去期限が過ぎた今、この問題は既に解決済となったのであ...
【全日遊連 VS 日工組】全日遊連と日工組がパチンコ撤去問題で対立している!?
現在、全日遊連と日工組はパチンコ最終撤去リスト対象機種の補償問題で平行線を辿っています。そんな中、新たな火種というか、全日遊連が日工組に対し大きな不満を持ってい...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末の撤去期限以降に一体何が起こるのか?
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の撤去期限である8月末が直前に迫ってきています。この8月末というのは、パチンコ業界にとって一連の撤去問題における第一関門であると...
【パチンコ撤去回収リスト】一般入賞口に関する最新調査結果が公表されました
さて、つい先日「遊技産業健全化推進機構の遊技機性能調査」の調査結果が公表されましたね。調査結果が公表されたのは、半年ぶりくらいでしょうか。やはりというか、新基準...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?
パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...