カジノ

 2016.05.24

【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる

今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。

パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です。

現在、期待値の計算はアプリやツールで簡単に行うことが出来るようになっています。

しかし、この計算のやり方をしっかりと理解し身に付けておくことで、より深くパチンコの本質を掴み、収支の改善につなげていくことが出来るようになるでしょう。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

まずはデジタル1回転あたりの期待値の計算式を導いてみる

さて、パチンコの実際の期待値を計算するにあたり、出発点となるのがデジタル1回転あたりの期待値の計算となります。

これは、デジタルを1回転させた時に、一体どのくらいの収益を平均的に得ることが出来るのかということを数値化したものです。(別名、回転単価と呼ばれています)

この計算は、「大当たり1回あたりの平均出玉」、「トータル確率」、「千円あたりのデジタル回転数(回転率)」などを使って、以下のように求めることが出来ます。

持ち玉時のデジタル1回転あたりの期待値の計算式

(参考)パチンコ用語

まずは、持ち玉で遊技している時のデジタル1回転あたりの期待値の計算式を示してみました。

ここで使われている「トータル確率」というのは、実際には「トータル確率の分母」、つまり「トータル確率の逆数」のことです。(雑誌やサイトに載っているトータル確率というのは実際にはトータル確率の逆数)

さて、次の2つの基本的なことを、まずは確認しておきましょう。

  • トータル確率分のデジタルを回した時、大当たり1回あたりの平均出玉を得ることが出来る。
  • 千円あたりのデジタル回転数分のデジタルを回した時、250個のパチンコ玉が消費される。

その上で、デジタルを1回転させた時に何が起きるのかを考えてみると、分かり易くなると思います。

つまり、デジタルを1回転させた時の収入としては 式Iの①、支出としては 式Iの②の部分が対応しています。

これらは、パチンコの玉数ベースなので、それぞれ換金率を掛ければ金額ベースに換算できるということになります。

一例を挙げてみましょう。「大当たり1回あたりの平均出玉」が1500個、「トータル確率」が100、「千円あたりのデジタル回転数」が20回転、換金率が3円のパチンコ台の回転単価はいくらになるか?

式Iの①にこれらの数値を代入すると、1500÷100×3-250÷20×3=7.5となり、この台の持ち玉時の回転単価は7.5円であることが計算できます。

次に、現金投資時のデジタル1回転あたりの期待値を求めてみましょう。

この場合は、式Iの②の部分に掛ける換金率を4円に変えるだけです。

以下に計算式を示しておきます。

現金投資時のデジタル1回転あたりの期待値の計算式

基本的な考え方は、式Iと同じ。しかし、②の支出部分のパチンコ玉数に掛ける換金率は、現金投資であることを考慮して、4円にすることが必要になります。

再び先ほどのパチンコ台を例に取って、式Jに数値を代入して計算すると、1500÷100×3-250÷20×4=-5となり、この台の現金投資時の回転単価は-5円であることが分かります。

デジタル回転数に対応した期待値の計算式を導いてみる

実を言うと、もう既に前章で求めた計算式にデジタル回転数を掛けるだけで、その回転数を回した時の期待値は計算できることになっています。

つまり、持ち玉遊技時の時給を求めたいならば、式Iに1時間で回せるデジタル回転数を掛ければ良いし、現金投資時の時給を求める際には式Jで、同様の計算が可能となります。

ところが実際のホール稼働においては、持ち玉遊技と現金投資の状態が混在しているので、これを考慮に入れなければなりません。

それには、持ち玉比率というものが必要になります。持ち玉比率は、デジタル総回転数に対する持ち玉遊技回転数の割合のことです。

それでは、持ち玉比率を考慮した期待値の計算式を以下に示しておきます。

デジタルS回転の期待値の計算式

上の式で行っていることは、まずデジタル S 回転の内で、現金投資で回した回転数と持ち玉で回した回転数に分け、それぞれを 式I式J に掛けて、足し合わせているだけです。

持ち玉比率は、デジタル回転数によって変化していきます。一般的には、デジタル回転数が大きいと持ち玉比率も大きくなり、デジタル回転数が小さいと持ち玉比率も小さくなります。

アプリやWEBサイト上の期待値計算ツールなどは、上で示した期待値の計算式を元にして作られています。

最後に一つ、パチンコの期待値に関する、少し面白い話題を取り上げてみることにしましょう。

1000円あたりのデジタル回転数が1回転変化すると期待値はどのくらい変わるのか?

多少技巧的になってしまいますが、前章の 式K を千円あたりのデジタル回転数 R の関数であるとみなして、R で微分してみます。

期待値の計算式を微分したもの

これは、期待値を「千円あたりのデジタル回転数」の関数とみなした場合の、接線の傾きとなります。

平たく言うと、「千円あたりのデジタル回転数」が1回転変化した時に、期待値がどれだけ増減するのかということです。

さて、具体的に数値を代入してみましょう。等価交換で、千円あたりのデジタル回転数が20回転、デジタル総回転数2000回転のパチンコ台の場合ではどうなるでしょうか?

期待値の計算式を微分したもの

この場合、デジタル回転数が1回転増えると、期待値は5000円程度増加することが分かります。

こうしてみると、期待値の計算式一つ取ってみても、結構色々なことが見えてくるものだと言うことが分かりますね。

まとめ

ボーダー理論の実践においては、期待値の計算が重要になってきます。

ツールやアプリで計算するのも良いですが、自分で計算したりエクセルなどで管理する場合は、元の期待値の計算式を知っておいた方が役に立つこともあるかと思います。

そんなわけで、今回のコラムは期待値の計算式を詳しく取り上げてみました。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
パチンコ台の釘読みをする時に重要な4つのヒント!
パチンコ台の釘読みをするときに重要な考え方には、主に4つのものがあるように思われます。実際のホールでパチンコを打つ時には、これらの4つのポイントをおさえつつ釘読...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?
まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なもの...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
【初心者】パチンコの勝ち方で非常に重要な3つのステップとは?
パチンコで勝つ方法を実践する時、基本的にはたった3つのステップを実行するだけです。 パチンコで勝つ方法は、ボーダー理論もしくはボーダーライン理論と呼ばれています...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
回転率の公式をバージョンアップしてみよう!
以前、当サイトで紹介した「回転率の公式」というのを覚えているでしょうか?『パチンコの回転率について本当のことを教えます!!』のコラムの中に出てきましたね。実をい...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
もうすぐパチンコ撤去リスト(1次・2次)の最終調査結果が日工組より発表される模様
かねてより行われていた、日工組及び全商協による8月末期限回収対象機種の撤去状況の調査。この撤去状況の最終調査結果が、早ければ22日に発表される模様です。これをも...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が直前に迫る!!
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限まであと4日余りとなりました。そんな中、撤去リスト記載のパチンコ台が、現段階で一体どのくらい設置されているのか調べて...