カジノ

 2016.01.04

パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?

まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なものと考えて良いと思います。しかし、なかには本物の攻略法が存在するのも事実です。

ところが、現在のパチンコにおいてはパチンコホール側のデータチェックシステムも高度になっており、本物の攻略法の寿命は非常に短い。ましてや、恒常的にホールから大金を抜き取ることができる攻略法などはまず存在しません。

次にパチンコの『必勝法』についてです。実は『必勝法』に関しては、凡そ存在していると見て良いかと思っています。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

パチンコの必勝法って何ですか?

ずばり言ってしまうと、パチンコの必勝法とは『「 ボーダーラインやトータル確率を使って算出した期待値 」に基づいた正攻法』のことです。これを先人に倣って「ボーダーライン理論」と呼ぶことにします。理論の内容は、後で少し説明することにします。

よく「パチンコの必勝法教えます」、「パチンコの勝ち方教えます」といって高額の教材が売られていたり、高額のセミナーや講座が開催されているのを見ますよね。実は、これらの中身は、上で述べたボーダーライン理論がまとめられているに過ぎません。

試しに『パチンコ ボーダーライン』、『パチンコ トータル確率』で検索してみて下さい。大金を払わなくても、ボーダーライン理論について書かれたサイトが山ほど出てきます。

ボーダーライン理論について説明してみる

では、パチンコの唯一の必勝法であるボーダーライン理論について、そのエッセンスだけ掻い摘んで説明してみようと思います。問題を単純化するために、とりあえずこれ以降の考察は、等価交換の場合に的を絞って行うことにします。

等価交換におけるボーダーライン理論の基本式は以下のようになります。

等価交換におけるボーダーライン理論の基本式

(参考)パチンコ用語

実は、この式を根本的に理解できれば、目的の半分は達成できたと言えるのですが、少し難しく感じられるかもしれません。それでは、式について少し説明してみることにしましょう。

右辺の①の部分が大当たり1回につき得られる金額、②の部分が大当たり1回を得るために要する金額で、カッコ内の①-②が大当たり1回ごとの収益となります。これに大当たり回数を掛けたものが、期待値 X(期待できる勝ち負けの金額)ということになります。

この基本式を踏まえて『ボーダーライン理論』を説明すると、次の一文となります。

あるパチンコ台の勝ち負けというのは、長い目で見ると平均的に、「ボーダーライン理論の基本式」で算出した「期待値(期待できる勝ち負けの金額)」に等しくなる。

トータル確率って何ですか?

順序が少し逆になってしまいましたが、トータル確率について説明します。トータル確率の逆数は以下の式で表されます。

トータル確率の逆数の式

(参考)パチンコ用語

初当たりというのは、連チャン大当たりの内の一番最初の大当たりのことです。

初当たり確率逆数 P とは、文字通り初当たり確率の逆数のことで、初当たりが来るまでに平均何回デジタルを回転させればいいかという数字。平均連チャン数 H とは、初当たりが来た時に平均で何回連チャンするかという数字です。(注1)

つまり、 トータル確率の逆数 T とは、「大当たりを1回させるために実質的には何回デジタルを回せばいいのか?」という考え方を数値化したものとなります。

実用面においては、トータル確率の方を使用することになります。そして、このトータル確率というのは、あるパチンコ台の当たりやすさを計る目安として非常に便利であるので、多くの場面で使われています。

例を挙げてみましょう。初当たり確率1/400、平均連チャン数4回の機種が存在した場合、この機種のトータル確率逆数は100ということになります。もちろんトータル確率というのは、その逆数になりますから、この機種のトータル確率は1/100となり、平均で100回デジタルを回転させれば1回の大当たりを期待できる機種ということになります。

※(注1)平均連チャン数は確率変動継続率を用いて、1/(1-確率変動継続率)で求めることができます。確率変動継続率が60%ならば、平均連チャン数は1/(1-0.6)=2.5連チャンとなります。実際には、時短も考慮に入れて平均連チャン数を求めることになります。(注2)

※(注2)時短中に大当たりする確率は、時短連チャン率(注3)ととらえることができ、(注1)と同様の式を使えます。時短連チャン率が20%ならば、時短連チャン数は1/(1-0.2)=1.25連チャンです。全体での平均連チャン数は、確率変動継続率のみを考慮に入れた平均連チャン数と、時短連チャン数の掛け算で求めることができます。つまり、確率変動継続率60%、時短連チャン率20%の場合、全体での平均連チャン数は2.5×1.25=3.125連チャンとなります。

※(注3)時短回数n回転、初当たり確率pのパチンコ台の場合、時短n回転以内に一回も大当たりしない確率は(1-p)^nとなります。従って、時短n回転以内に大当たりする確率は1-(1-p)^n。例をあげると、時短回数100回転、初当たり確率1/400のパチンコ台の場合、時短100回転以内に大当たりする確率は1-(1-1/400)^100≒0.221となり、いわゆる時短連チャン率は22.1%程度となります。

(参考)パチンコ用語

ボーダーラインを計算してみる

さて、A において、左辺の期待値 X を 0 としてみましょう。

ボーダーラインを求めるための式

(参考)パチンコ用語

この式を、千円あたりのデジタル回転数 R の方程式とみなし、R で解いてみます。

ボーダーラインの式

実は、上の式こそが『期待できる収益金額が0となる場合の千円あたりのデジタル回転数』である、ボーダーラインの式に他なりません。

例えば、トータル確率1/100、平均出玉1500個のパチンコ台の場合。式 B にこれらの数値を代入してみます。

ボーダーラインの例

このパチンコ台のボーダーラインは、千円あたりのデジタル回転数が16.7回転であることが分かります。

別の角度から、B を導いてみましょう。大当たり1回を得られるデジタル回転数を、大当たり1回で得られる金額で回すことができれば、期待できる収益は0となります。この時に、千円あたり何回デジタルが回っているかが分かれば良いわけです。

(大当たり1回を得られるデジタル回転数):(大当たり1回で得られる金額)=(この時の千円あたりのデジタル回転):(1000円)

上式を数式で表してみます。

ボーダーラインを求めるための式

これを、R について解くと、まさにボーダーラインのB と一致することが分かります。

結局パチンコで勝つにはどうしたらいいの?

なんだかいろいろ数式が出てきましたが、パチンコで勝つためには次の三つのステップを実行するだけです。

  1. B を基にしてボーダーラインを把握する。
  2. A を基にして期待値 X を把握する。
  3. ボーダーライン以下のパチンコ台を打たないように注意しながら、期待値 X の出来るだけ大きいパチンコ台を探して打ち続ける。

実は、パチプロやパチンコで勝っている人は、それぞれ自分独自のやり方で行いつつも、基本的には上の三つのステップを恒常的に地道に実行しているだけです。

釘読みや止め打ちなど細かい技術的なこともありますが、期待値がある勝てるパチンコ台を見つけたなら、それを打ち続けることがパチンコ収支をプラスに持っていく為の唯一の道となります。

釘読みや止め打ちなど細かい技術的なことは、またの機会に書いていきたいと思っています。

まとめ

結局パチンコで勝つための唯一の必勝法は、ボーダーライン理論を基にした正攻法以外にはありえないということです。

そして、これを継続して実行していくには地道な努力が必要になりますが、きっとその努力は報われるに違いありません。

どうか、本コラムに書いてあることを念頭に置いて、日々のパチンコ稼働をしてみて下さい。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
パチンコ台の釘読みをする時に重要な4つのヒント!
パチンコ台の釘読みをするときに重要な考え方には、主に4つのものがあるように思われます。実際のホールでパチンコを打つ時には、これらの4つのポイントをおさえつつ釘読...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
【初心者】パチンコの勝ち方で非常に重要な3つのステップとは?
パチンコで勝つ方法を実践する時、基本的にはたった3つのステップを実行するだけです。 パチンコで勝つ方法は、ボーダー理論もしくはボーダーライン理論と呼ばれています...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
回転率の公式をバージョンアップしてみよう!
以前、当サイトで紹介した「回転率の公式」というのを覚えているでしょうか?『パチンコの回転率について本当のことを教えます!!』のコラムの中に出てきましたね。実をい...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
もうすぐパチンコ撤去リスト(1次・2次)の最終調査結果が日工組より発表される模様
かねてより行われていた、日工組及び全商協による8月末期限回収対象機種の撤去状況の調査。この撤去状況の最終調査結果が、早ければ22日に発表される模様です。これをも...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が直前に迫る!!
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限まであと4日余りとなりました。そんな中、撤去リスト記載のパチンコ台が、現段階で一体どのくらい設置されているのか調べて...