カジノ

 2016.05.17

【初心者】パチンコの勝ち方で非常に重要な3つのステップとは?

パチンコで勝つ方法を実践する時、基本的にはたった3つのステップを実行するだけです。

パチンコで勝つ方法は、ボーダー理論もしくはボーダーライン理論と呼ばれています。

パチンコの初心者の方や負けている人は、これから説明する3つのステップを意識することにより、パチンコ収支の改善を図ることができるようになるでしょう。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

【ステップ 1】パチンコ台のボーダーラインを調べ、目標とする「1000円あたりのデジタル回転数」を設定する

自分が打つ予定のパチンコ台のボーダーラインを調べることから始めます。ボーダーラインはパチンコ雑誌やパチンコ系のWEBサイトで調べることが出来ます。

パチンコのボーダーラインやその他のデータは、以下のサイトに詳しく掲載されています。

これらのサイトでボーダーラインを把握したら、今度は目標とする「1000円あたりのデジタル回転数」を設定しましょう。

目安として、最初はボーダーラインに3回転ほど上乗せした数字を設定してみます。もちろんそれ以上回る台を目指してみても構いません。

これらの数字が設定できたらホールでの実践に移ることになります。

以上が『ステップ 1』の流れになります。

実際にはホールに着いてからいろいろ調べたりすることもありますから、その都度、柔軟に対応してみていって下さい。

【ステップ 2】パチンコ台の「1000円あたりのデジタル回転数」を把握するために試し打ちをする

ボーダーラインを調べ、目標とする「1000円あたりのデジタル回転数」が設定できたら試し打ちをしてみましょう。

この時、試し打ちの金額としては3000円程度を目安にします。この金額にする理由は、前回のコラムで詳しく説明しています。

要は、投資を始めてから投資金額3000円くらいまでに、回転率の収束が急激に起こるということです。

(参考)パチンコ用語

投資金額3000円における回転ムラ(回りムラ)は3回転程度となっています。つまり、3000円打ち切った時点で、千円あたりのデジタル回転数は、3回転ほど上下する可能性があるということ。

このことを頭に入れた上で、実際の投資金額が3000円になった時に「1000円あたりのデジタル回転数」と目標回転数とを見比べて判断し、他の台を探すか続行するかの選択をします。

続行する場合でも、1000円の区切りごとに「1000円あたりのデジタル回転数」を計算していきましょう。

この時、試し打ちの最終限度金額を10000円程度までとしておきます。つまり、続行か中止かの最終判断を10000円程度の金額までに行うということです。

投資金額10000円における回転ムラ(回りムラ)は2回転程度です。10000円を打ち切った時の「1000円あたりのデジタル回転数」は、2回転ほど上下する可能性があります。この辺りの数字も前回のコラムを参考にして下さい。

投資金額が3000円から10000円に増加する過程で、回転ムラ(回りムラ)が3回転→2回転程度に減少することは、頭に入れておいた方が良いでしょう。

以上のことを簡単にまとめてみます。

  • 試し打ちの第一判断点を投資金額3000円程度とする。
  • それ以降は1000円の区切りごとに「1000円あたりのデジタル回転数」を計算し、続行か中止かの判断をする。
  • 試し打ちの最終判断点は投資金額10000円程度とする。
  • 判断の過程で、投資金額3000円では3回転程度、投資金額10000円では2回転程度の回転ムラがあることを頭に入れておく。

【ステップ 3】試し打ちが完了したら本番稼働に移る

試し打ちで、そのパチンコ台を打ち続けることができると判断した時点で本番稼働に移ります。本番稼働というのは、その日に稼働できる限界の時間まで、台を打ち切っていくことです。

本番稼働といっても特別なことをする訳ではありません。普通に稼働するだけなのですが、「1000円あたりのデジタル回転数」の計算の間隔を少し変更するようにします。

それまで、1000円の区切りごとに計算していたのを、ある程度大きな金額の区切りで計算するようにします。なぜなら、投資金額が大きくなってくると、「1000円あたりのデジタル回転数」があまり変化しなくなるからです。

その日のデータが蓄積されていく毎に、真の回転率に近づいて行くので、信頼のあるデータを得ることができるようになります。

稼働時間が長くなってくると、「1000円あたりのデジタル回転数」の計算は面倒臭くなってきますが、出来るだけ多くデータは取っておくべきだと思います。

最後に大事なことですが、本番稼働に移ったとしてもデジタルの回りが悪くなってくることがあります。その時には、各自の判断で稼働を止める決断が重要であるということは忘れないで下さい。

まとめ

ボーダー理論の実践では、パチンコの台選びが全てであると言ってよいだろうと思う。

その判断のための3つのステップを今回簡単に示してみた。

今回提示した試し打ちの金額や回数は一つの例であって、実際のホールの稼働においては、それぞれ自分に合ったやり方を模索していってほしい。

要は、『ボーダーラインを調べ目標回転率を決める』→『試し打ちをする』→『本番稼働をする』というステップを踏んでいくことが大事だと思う。

実を言うと、パチンコの台選びをする時には釘読みという重要な要素が存在するのだが、今回は「1000円あたりのデジタル回転数」での判断に的を絞ってみた。

パチプロでさえも、判断を誤り多くの金額を投資した後で、そのパチンコ台から撤退してしまうことがよくあるのだ。

判断ミスを少なくするためには、今回の3つのステップを通じ、試し打ちと本番稼働時の回転率の把握を、出来るだけ正確に長く行うことが重要になってくると思う。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
パチンコ台の釘読みをする時に重要な4つのヒント!
パチンコ台の釘読みをするときに重要な考え方には、主に4つのものがあるように思われます。実際のホールでパチンコを打つ時には、これらの4つのポイントをおさえつつ釘読...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
パチンコに勝つための攻略法や必勝法って本当に存在するの?
まず最初にパチンコの『攻略法』についてです。少し前にパチンコ攻略法詐欺が話題になりました。世に雑多なパチンコ攻略法は流通しているのですが、その9割は詐欺的なもの...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
回転率の公式をバージョンアップしてみよう!
以前、当サイトで紹介した「回転率の公式」というのを覚えているでしょうか?『パチンコの回転率について本当のことを教えます!!』のコラムの中に出てきましたね。実をい...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
もうすぐパチンコ撤去リスト(1次・2次)の最終調査結果が日工組より発表される模様
かねてより行われていた、日工組及び全商協による8月末期限回収対象機種の撤去状況の調査。この撤去状況の最終調査結果が、早ければ22日に発表される模様です。これをも...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が直前に迫る!!
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限まであと4日余りとなりました。そんな中、撤去リスト記載のパチンコ台が、現段階で一体どのくらい設置されているのか調べて...