カジノ

 2016.05.14

パチンコで勝つ方法のボーダー理論で初心者が一番初めに注意すべき点とは?

パチンコの勝ち方であるボーダー理論。これは別名ボーダーライン理論とも呼ばれています。

ボーダー理論を実践するに辺り、パチンコの初心者の方が一番最初に陥りがちな問題点が存在します。勝てるパチンコを日々実践しているパチプロでさえも、しばしばこの問題点に嵌まってしまうことがあります。

これから説明に入るのですが、その前に、まずはパチンコの収支を確実にプラスにすることが出来ると言われている、ボーダー理論の簡単な復習から行いたいと思います。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

パチンコのボーダー理論について復習する

ボーダー理論については、以前当サイトのこちらのページで詳しく解説させて頂きました。ここでは、ボーダー理論とその実践方法を非常に簡単に述べてみたいと思います。

まず、自分がこれから打とうと思っているパチンコ台のボーダーラインを知らなければなりません。ボーダーラインは自分で計算するよりも、パチンコ雑誌やパチンコ系WEBサイトを使って調べた方がはるかに効率的です。例えばこのサイトなどで調べることが出来ます。

ちなみにボーダーラインとは、長期的にパチンコ収支をプラスマイナスゼロにできる「投資金額1000円あたりのデジタル回転数」のことです。

ボーダーラインを把握したら、出来るだけその数字を上回るような台を見つけて打ち続けます。初心者の目安としては、危険度などを考慮し、ボーダーラインに3回転ほど上乗せした回転数が良いでしょう。ボーダーラインが17回転だとしたら、20回転が目標の数字となります。

この上乗せの数字が大きいほど、長期的なパチンコ収支も大きくプラスになり、パチンコで勝てる金額は増えていくことになります。

ここまでが、従来のボーダー理論の考え方。しかし、パチンコ初心者が、これを実行する時に最初に大きな困難が立ちはだかることになります。 次章からこの辺りのことを詳しく説明していこうと思います。

パチンコの回転ムラ(回りムラ)とは何か?

一般的には、回転ムラというのは、デジタル回転のバラツキ度合のことを指しています。さっきまで調子よくデジタルが回転していたのに急に回らなくなった、という現象はパチンコを打ったことがある人なら誰しもが経験することでしょう。

パチンコの初心者は、ボーダー理論を実践する時に、始めは回転ムラに非常に悩まされます。パチンコの上手な人やパチプロでさえもそうなのですから。

パチンコ雑誌やパチンコ系のWEBサイトにボーダーラインは載っているのですが、実際にホールでパチンコ台を打ってみて1000円ごとのデジタル回転数を測っていく時には、毎回同じ数字が表れてくるということは絶対にないわけです。

ここにボーダー理論を最初に実践していく際の難しさが存在していると言えます。

では、回転ムラの原因とは一体何なのでしょうか?

室温、玉の温度の変化、電圧の変化などいろいろな原因が提唱されています。しかし、実をいうと回転ムラというのは、「確率現象のアナログ的な表れに過ぎない」ことが分かっています。

もう少し詳しく説明してみましょう。例えば、「1000円あたりのデジタル回転数が20回転のパチンコ台」のヘソ入賞確率は1/15.6となっています。これはパチンコ玉を15.6個飛ばしたときに、だいだい一個はヘソに玉が入るということを意味します。これらの数字は以下のページを参考にしてみて下さい。

(参考)回転率の公式をバージョンアップしてみよう!

さてこの時、パチンコ玉を一個飛ばすということは、1/15.6で当たり目を出す事が出来るサイコロを振る行為と等価であると言えるのです。実際にはこのようなサイコロは存在しませんが、比喩として表現するならばこうなります。

そして1000円分、つまり250個のパチンコ玉を全て打ち終えたときのデジタル回転数のバラツキ度合いというのは、コンピューターシミュレーションなどで正確に計算する事が出来ます。この時のバラツキ度は標準偏差と呼ばれていますが、当サイトでは便宜上この標準偏差のことを、「回転ムラ」と表現することにします。

(参考)パチンコ用語

では、回転ムラの理論値というのはどうなっているのでしょうか?それではシミュレーションの結果を以下に示していきたいと思います。

パチプロがたった3000円の投資でパチンコの優秀台の判別ができる理由とは?

前章で少し触れた、「1000円あたりのデジタル回転数が20回転のパチンコ台」における回転ムラ(回りムラ)のシミュレーション結果を、以下に掲載しておきます。

投資金額が500円から10000円まで増加していく過程で、回転ムラが徐々に小さくなっていく様子が分かると思います。回転率というのは、1000円あたりのデジタル回転数と同じ意味です。

(参考)パチンコ用語

回転率20(回転/千円)のパチンコ台の回転ムラ

投資金額 500 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 10000
回転ムラ(回転) 7.6 5.4 3.8 3.1 2.7 2.4 2.2 2.0 1.9 1.8 1.7
変化度 --- 2.2 1.6 0.7 0.4 0.3 0.2 0.2 0.1 0.1 0.1

最初に少し補足説明をしておきましょう。ある投資金額での1000円あたりのデジタル回転数を計算する時には、その投資金額に応じた数字で、自分が回したデジタル回転数を割る必要があります。

例えば、あるパチンコ台が2000円で40回転デジタルが回った場合には、40を2で割った20というのが1000円あたりのデジタル回転数になるわけです。3000円で45回転なら、45を3で割った15という感じです。500円の場合は二倍すれば計算する事が出来ます。

上の表を見て、まず始めに気づくことは、投資金額1000円での回転ムラが5.4回転もあるといことです。これは、あるパチンコ台の回転率が20回転の場合、実際に測定される回転数が20±5.4回転程度バラツクことを意味しています。

つまり14.6回転から25.4回転くらいの回転ムラの範囲があるということです。

次に気づくことは、投資金額10000円での回転ムラが1.7回転であるということです。10000円分のパチンコ玉を打ち終えた時、実際に測定される回転率は20±1.7回転程度、つまり18.3回転から21.7回転くらいの回転ムラの範囲があるということです。

この結果から、10000円も費やしたとしても、完全な回転率の把握というのは無理だということが分かるでしょう。

そしてここでは詳しく述べませんが、実際に測定される回転率というのは、これらの回転ムラの範囲内におおよそ70パーセント程度の確率で収まることが分かっています。確率分布は正規分布に近いものになります。

最後にもっとも重要なことを述べておきたいと思います。それは投資を開始してから、つまりパチンコ台を打ち始めてから3000円辺りまでが、最も急激に回転ムラが減少していくということ。

上の表の数字を見てみると分かりますが、500円から3000円までの回転ムラの減少度が7.6から3.1までの4.5回転もあるのに対し、3000円から10000円までの減少度が3.1回転から1.7回転までの1.4回転しかない。

平たく言うと、パチンコ台の1000円あたりのデジタル回転数というのは、打ち始めてから3000円くらいまでがもっとも急激に理論値に収束していくということです。

パチプロやパチンコの上手な人というのは、経験的にこのことを知っていて、パチンコの優秀台の判別に際し、だいだい3000円程度の試し打ちを繰り返して日々の立ち回りをしているのです。

しかし、経験の浅いパチンコの初心者の方は、そうともいかず回転ムラに翻弄されながら優秀台の判別に多くの投資金額を費やしてしまうのです。

ボーダー理論の実践で初心者が一番初めに注意すべき点

多くの場合、パチンコの旧基準機を打つ時に、1000円あたりのデジタル回転数が20回転近辺の台を目標として台選びをすると思われるので、前章のシミュレーション結果の値を参考にしていく事が出来ると思います。

その上で、以下のことに注意して立ち回りをしていくのが良いと思います。

ます前提として、自分が今打とうとしているパチンコ台のボーダーラインを正確に把握すること。

そして、パチンコ台の1000円ごとのデジタル回転数というのは、5回転くらいは上下する可能性があるという事実を認識しておく。さらに、3000円分の投資時においては、回転ムラが3回転程度になることも頭に入れておく。

パチンコホールでの実践においては、ボーダーラインより3回転くらい多く回る台を探すようにする。もちろんそれ以上回る台でも良い。

それから試し打ちの金額としては、3000円を目安にし、1000円の区切りごとにしっかりと回転率の把握をしていく。3000円分のパチンコ玉を全部打ち切ったときに、測定している回転率が、ボーダーラインを下回った場合には、稼働を止めて他の台を探す。下回っていなければそのまま続行する。

この時、判断が間違うのは確率的には15パーセント以下程度でしかない事が分かっています。つまり、このやり方をしたとしても、優秀台の判別に失敗するのは7回に1回くらいに抑えることができるのです。

パチンコの初心者の方は、とにかく回らない台を打ち続けてしまう傾向にある。だから回転ムラの特性を良く理解した上で、上記のやり方を自分なりに応用し、ボーダー理論の実践を行ってみるのもいいんじゃないかと思う。

まとめ

パチンコの初心者の方が、ボーダー理論の実践をする際には沢山の注意すべき点がある。しかし、一番最初にぶつかる問題点の一つとして、回転ムラの存在があるので、今回話題として取り上げてみた。

前章のことが頭に入っていれば、ボーダー理論の実践にはきっと役立つと思う。

実は、回転ムラのデータに関しては非常に多くのものがある。今回のコラムでは、その一部のみを使用して説明しているので、若干理論の方が雑になってしまっているのはご了承願いたい。また機会があれば、回転ムラについては詳しく取り上げていこうと思う。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
【遠隔・裏モノ】パチンコのはまりの確率計算について詳しく解説してみる
パチンコをやっていると、時々あり得ないようなはまりに遭遇することがあります。それも一度や二度ではなく、連続して起こることがあります。そんな時は、お店の遠隔操作や...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
【パチンコ】運と「ツキ」の謎に迫る。運や「ツキ」に周期があるって知ってた?【沖海4】
少し意味深なタイトルですが、別に開運グッズなどを売りつけようとしている訳ではありません。ギャンブル等における「ツキ」の存在というのは、実は数学的に証明されている...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
全日遊連店舗数1万店舗割れ。パチンコ業界売上高減少率はマイナス10%以上を継続。
全日遊連組合加盟店舗数が、昨年11月末時点において初めて1万軒を割り込み話題になりました。2017年はまだスタートしたばかりですが、ここで改めて昨年2016年の...
【パチンコ撤去問題】沖海3は稼働停止も含め全撤去完了。パチンコ最終撤去リストの設置台数も発表される。
「パチンコ撤去リスト」の8月末期限から半月余り経過しました。撤去対象機種である沖海3ですが、ようやく全ての撤去が完了した模様です。しかしつい最近まで、関東の某店...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が直前に迫る!!
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限まであと4日余りとなりました。そんな中、撤去リスト記載のパチンコ台が、現段階で一体どのくらい設置されているのか調べて...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
規制と衰退が続くパチンコ業界、2017年には何が起きるのか?
少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2017年の最初のコラムとして、今年、パチンコ業界に起きそうな出来事や展望などを記してみようと思います。...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末の撤去期限以降に一体何が起こるのか?
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の撤去期限である8月末が直前に迫ってきています。この8月末というのは、パチンコ業界にとって一連の撤去問題における第一関門であると...
パチンコの回転率について本当のことを教えます!!
さて今回は、パチンコにおける回転率について、その本質に迫ってみようと思います。回転率とは、御存知のとおり、1000円あたりのデジタル回転数のことで、所謂パチンコ...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
パチンコ収支の勝ち金額とか負け金額って一体どれくらいバラツキがあるの?
パチンコを打つ時の勝ち金額や負け金額って結構バラツキますよね。大勝ちする時は10万円超える場合もあるけれど、負ける時はいくら注ぎ込んでも勝てないことがあると思い...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【新台情報・解析情報】新基準機の今後を占うCRスーパー海物語IN沖縄4を徹底解析してみる【沖海4攻略】
パチンコの新基準機のCRスーパー海物語IN沖縄4が導入されてから2週間ちょっと経ちました。パチンコに於いては、これから年末の撤去期限までに新基準機への入れ替えが...
【全日遊連 VS 日工組】全日遊連と日工組がパチンコ撤去問題で対立している!?
現在、全日遊連と日工組はパチンコ最終撤去リスト対象機種の補償問題で平行線を辿っています。そんな中、新たな火種というか、全日遊連が日工組に対し大きな不満を持ってい...