カジノ

 2016.08.20

【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末の撤去期限以降に一体何が起こるのか?

パチンコ撤去リスト(1次・2次)の撤去期限である8月末が直前に迫ってきています。

この8月末というのは、パチンコ業界にとって一連の撤去問題における第一関門であるといえるでしょう。

さてパチンコ業界は、この撤去期限を迎えるにあたり、一体どんな出来事に直面していくことになるのでしょうか?

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

8月末までの撤去期限を守らなかったパチンコホールに対し重大なペナルティが課される可能性

ホール5団体(全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSA)と、全商協、日工組の業界7団体は8月18日、先に行われた連絡会議において「撤去問題に関する取り決め」を行った模様。

(参考ページ)遊技通信web|回収対象遊技機の回収・撤去について7団体がペナルティ等を決議

決議内容は以下の4点となっています。


1. 第一次・第二次の回収対象遊技機については8月末までに、第三次の回収対象遊技機については本年末までに確実に回収・撤去するよう、各々の組合員等に徹底を図る。
 
2. 回収対象遊技機が回収・撤去期限を過ぎても設置されている場合は、営業所への対応として、当該営業所に対する新台、中古台、部品等の販売停止措置を検討する。また、製造業者への対応として、回収への取り組みが十分でないと認められる当該製造業者に対しては、7団体連絡会議において措置を検討する。なお、中古台の当該営業所への措置については、中古機流通協議会において検討する。
 
3. 回収対象遊技機の入れ替えを促進するため、毎月の回収目標数値を設定すると共に、検定を取得した遊技機の機種名を早期に公表し、営業所が計画的に撤去を進められるよう環境整備を図る。毎月の回収目標に達していない場合は、その都度次回目標に向けた追加措置を検討する。
 
4. 回収対象遊技機の撤去状況を確認するため、日工組及び全商協が、営業所ごとの調査を行う。日工組及び全商協はホール関係団体に対し、この調査への協力要請文書を発出し、ホール関係団体は、これに協力する。
 

この2番目の『回収対象遊技機が回収・撤去期限を過ぎても設置されている場合は、営業所への対応として、当該営業所に対する新台、中古台、部品等の販売停止措置を検討する。』という部分が注目に値するものであり、撤去期限を守らないパチンコホールに対して、非常に大きなペナルティを課すような内容になっています。

このままだとパチンコメーカーだけが得をすることになるのではないか?

まず忘れてはならないのは、今回の一連の撤去問題に関して、一義的に責任があるのはパチンコメーカーだということ。

一般入賞口等の釘調整を行い「検定時と異なる可能性のある状態」で、パチンコ台をホールに納品していたことをメーカーも認めているからです。

パチンコホール側も利益誘導のために、日々「メンテナンスという名の釘調整」を行っている事実があるかもしれませんが、これはまた別の話になってくるでしょう。

メーカーに責任がある以上、金銭的にも全面的に譲歩をして、パチンコ台の撤去・入れ替え作業に臨んできてくれるのではないかと思っていました。

ところがフタを開けてみますと、いくらかのリユース機種を投入してきているとはいえ、通常の入れ替えとあまり変わることのない条件で、メーカーはホールに「入れ替え負担」を強いてきています。

このまま行くと、ホールの負担はやがて一般のユーザーに転嫁され回収費用という形になり、メーカーだけが入れ替え特需で利益を上げるという構図になってくるかもしれません。

その上さらに、撤去に応じないホールに対して、今後パチンコ台の入れ替えを行うことが実質的に出来なくなるような、非常に厳しいペナルティが課されようとしているのです。

ところがそんな中で、一部のパチンコホールでは8月末までの撤去期限を守らずに、撤去対象機種を設置し続けるという強硬手段に出て来るところがあるかも知れないというのです。

8月末以降、ベニヤ板営業を行うパチンコ店が出てくるかもしれない

8月末の撤去期限までに、対象機種の撤去を行わないパチンコホールが出てくるかもしれないという情報があります。

(参考ページ)現役店長がこっそり更新|ベニヤ板等で空きスペースを塞ぐ際の注意点について

さらに、すんなりと撤去・入れ替え作業が出来ないような場合には、ベニヤ営業を行ったり、一部の島封鎖で対処するようなホールが出てくる可能性もあります。

(参考ページ)現役店長がこっそり更新|ベニヤ板等で空きスペースを塞ぐ際の注意点について
(参考ページ)常時山本|再通達

今の時代、撤去期限が過ぎているのに撤去対象機種が設置されていたり、実際にベニヤ営業や島封鎖が行われた場合には、ネットなどを通じて直ぐに面白おかしく拡散周知されます。さらにメディア等に取り上げられることにより再びパチンコ業界に注目が集まってしまうかもしれません。

ところで、8月末の撤去期限を守らないホールに対する業界団体の規制はまだ有りとして、そのようなホールに対し、果たして警察が行政処分にまで踏み切るという可能性はあるのでしょうか?

おそらく8月末の段階では、警察はそこまで踏み込んでくることはないであろうと予想します。

なぜなら、元々の撤去最終期限は年末であるということと、8月末時点のまだ大部分のホールに最終撤去リスト記載の所謂「検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ遊技機」が設置されているであろう状況で、一部のホールに行政処分を下すと、その他のホールも全て行政処分の対象になってしまうからです。

どちらにせよ、この8月末撤去期限を迎えるにあたって、パチンコ業界に一体どんな出来事が起こるのかを注視し、お伝えして行こうと思っています。

[PR]  規制が続くパチンコ業界に打開策はあるのか?
カジノ合法化で何が起こる?

あわせて読みたい

【パチンコ撤去問題】沖海3は稼働停止も含め全撤去完了。パチンコ最終撤去リストの設置台数も発表される。
「パチンコ撤去リスト」の8月末期限から半月余り経過しました。撤去対象機種である沖海3ですが、ようやく全ての撤去が完了した模様です。しかしつい最近まで、関東の某店...
12月末のパチンコ最終撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月!!やはりCR牙狼魔戒ノ花がカギを握っているのか?
パチンコ最終(第3次)撤去リストの撤去期限まで残りあと2ヶ月となりました。業界団体による撤去状況の公式な発表が行われない中、実情の方はかなり不透明になってきてい...
【パチンコ撤去リスト】今回の撤去問題が以前のパチンコ業界のピンチと異なる3つの点とは?
6月のリスト発表期限が直近に迫る中、パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リスト関連の様々な情報が入り乱れてきています。真偽不明の物もありますが、ある程度信頼できる...
【2016年】今年のパチンコ業界の売上高が急減した理由とは?
2016年の今年も、僅かな日数を残す限りとなってきました。今回のコラムでは、2016年の今年のパチンコ業界売上高が、急減した理由について少し考察してみたいと思い...
パチンコ釘問題(遊技くぎ問題)の今後の展開について真剣に考えてみた!!
当サイトでも何度も取り上げている「パチンコ撤去問題」。実は、その根底には「パチンコ釘問題」が存在しています。「パチンコ釘問題」というのは、非常にデリケートな問題...
8月末期限のパチンコ撤去リスト(1次・2次)と12月末期限のパチンコ最終撤去リスト(3次)の現在の撤去状況について
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が過ぎているにも係らず、まだ若干のパチンコ店が撤去対象機種の撤去を完遂出来ていない模様です。これから先についてはまだ...
一般入賞口に絡んだパチンコ業界の釘問題。今年はパチプロやパチンコ店の廃業が続出するのか?
パチンコの検定通過時と異なる釘調整を行い、ホールにパチンコ台を納品していたメーカーと、営業時に利益誘導のための釘調整を行っているパチンコホール。このような、パチ...
【全日遊連 VS 日工組】全日遊連と日工組がパチンコ撤去問題で対立している!?
現在、全日遊連と日工組はパチンコ最終撤去リスト対象機種の補償問題で平行線を辿っています。そんな中、新たな火種というか、全日遊連が日工組に対し大きな不満を持ってい...
【パチンコ撤去回収リスト】一般入賞口に関する最新調査結果が公表されました
さて、つい先日「遊技産業健全化推進機構の遊技機性能調査」の調査結果が公表されましたね。調査結果が公表されたのは、半年ぶりくらいでしょうか。やはりというか、新基準...
【不正改造パチンコ台】パチンコ最終(第3次)撤去リストについて考察してみよう
先日、YAHOOニュースのトップ記事でも大々的に取り挙げられた不正改造パチンコ台の問題ですが、既に6月23日にパチンコ最終(第3次)撤去リストの方は公表されてい...
パチンコ最終(第3次&第4次)撤去リストの6月期限が迫る。全撤去リストの内容は一体どうなるのか?
警察は既に、先月5月30日に日工組、全日遊連、日遊協に対し撤去・回収リストの6月中の提出と、対象となる機種の年内撤去を要請しています。リストの発表日については、...
【撤去問題】12月末撤去期限における業界団体のペナルティと警察庁の方針【パチンコ最終(3次)撤去リスト】
11月も下旬に差し掛かり、パチンコ最終撤去リストの12月末最終期限まで、1ヶ月と少しを残すところとなりました。そこで今回のコラムでは、撤去問題の直近の動向や業界...
【撤去問題】パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限が直前に迫る!!
パチンコ撤去リスト(1次・2次)の8月末期限まであと4日余りとなりました。そんな中、撤去リスト記載のパチンコ台が、現段階で一体どのくらい設置されているのか調べて...
【遊技機性能調査】パチンコ撤去問題の直近の動きについて。一般入賞口の調査が再開される模様。
72万台にも及ぶ撤去回収を伴った「パチンコ撤去問題」が起きたのは昨年、2016年のこと。2016年末の最終撤去期限が過ぎた今、この問題は既に解決済となったのであ...
もうすぐパチンコ撤去リスト(1次・2次)の最終調査結果が日工組より発表される模様
かねてより行われていた、日工組及び全商協による8月末期限回収対象機種の撤去状況の調査。この撤去状況の最終調査結果が、早ければ22日に発表される模様です。これをも...
ついにパチンコ最終(第3次)撤去リストが公表される。規模は約60万台、93型式。やはりCR牙狼魔戒は入っていた!
ついに、パチンコ最終(第3次)撤去リストが公表されました。昨日公表されるのかと思っていましたが、今日でしたね。やはり、CR牙狼魔戒など主要MAX機はリスト入りし...
一般入賞口にパチンコ玉がたくさん入るようになると一体なにが起きるのか?
最近パチンコ業界で、一般入賞口問題が話題になりました。ちなみに一般入賞口というのは、ヘソ以外のオマケ穴のようなもので、そこに入ると10個とかの戻り玉が得られるよ...
【ボーダー理論】パチンコの期待値の求め方を詳しく解説してみる
今回は、パチンコの期待値の計算のやり方を、詳しくお伝えしていこうと思っています。パチンコのボーダー理論の実践には、期待値の正確な計算が必要不可欠です 。現在、期...
パチンコで勝てない人に覚えてほしい4つの数学的トピックとは?
パチンコで勝てない人やパチンコに負けている人には、共通の思考パターンがあります。いわゆる、オカルト思考というものです。オカルト思考は、数学的な根拠のない考え方の...
ヘソ賞球4個以上、ベース30%以上で回転ムラは一体どうなるのか?【日工組内規変更】
日工組は7月下旬に内規を変更し、8月5日の型式試験申請分より適用を開始しています。今回の内規変更は、これまでの「申し合わせ」を基本的に踏襲しつつ、出玉関連で若干...